のり子、東京ラブストーリーを語る(私の事ではない)。

東京暮らし時代の裏話

お疲れ様です 下手のり子でございます!

 

前回の記事はコチラ↓
のり子、初めてのガンプラ作り。やはり量産型ザクだよね!

 

東京から今の場所に引っ越し来て4年目に突入しました早いなあ。

思い出しました。

コメ○コーヒーでコーヒーブレイク中でした。

てか○メダコーヒーも好きですが、コーヒー豆が選べる本格コーヒーが飲める喫茶店に行きたいです。

地元佐世保では行きつけがあったのですが、今の場所で本格コーヒーが飲めるお店が見つからないです。マンデリンが飲みたいです。

 

コーヒーを飲んでいたら隣の席に初々しいカップルが座りました。

 

いかにも「僕たち、私たちは付き合って一ヶ月経ってません!」……みたいなオーラを出しまくっていて「さわやかな」イチャイチャを見せつけられて凄くまぶしかったです。

 

路地裏で見る「うわあ…キm…引くわあ……」ではなく、手と手を触れあうのすら様子見をしている様な、本当に見ていてホッコリするカップルでした。

 


素敵ですね。

 

ふと思い出しました。

東京時代の満員電車でのカップルのやり取りを2件ほど……

東京には様々な人間ドラマがありました(笑)

紹介していきマース。

 

---スポンサーリンク---

ケース1 覗くつもりは無かったのです。

私が東京で仕事をしていた頃の会社は、出勤がややゆったりだったので、通勤はスムーズでしたが、帰りは当然満員電車で皆様と一緒に帰っておりました。

 

その時私の前に座っていた若い女性が、当たり前の様にスマホをいじっていたのですが、もちろん私は見ない様にしてました。

 

……が、私の隣で立っていた男性2人がその女性の行動に対して、何かボソボソと話していました。

 


「人のスマホを覗くなよ!」

 

……と思いながら何となく再び車窓を見ようと思い、たまたまその女性のスマホが目に入りました。たまたまだぞ。

が、しかし、本当に申し訳ないです、私も文面のインパクトで思わず二度見しちゃいました。

 

「もう別れよう、もともとそんなにあんたの事が好きじゃなかったし」……みたいな事を打ち込んでました。

 

……うん、確かに一度目に入ったら気になりますわ。

 

ケースその2 トレンディドラマかよ!

私が高田馬場駅から乗り込んだ時に入り口の前には既にカップルが立ってました。

 

ちょっと!乗客が沢山乗り込んでくるのに(私含めて)入り口の前をふさいでイチャイチャしてんじゃないよ!

……と思っていましたが、何やら様子が違います。無言でとても空気が重いです。

 

でも帰宅ラッシュの時間帯なので無駄にスペース取って欲しくないなあ……と思っていたら、

数駅先の駅で彼女の方が、

 

「もうここで終わりだね」

 

と、吐き捨てるように彼氏に言いながら降りて行きました。

彼氏も確か「ああ……(そうだね)」みたいな精一杯の返事をしていたと思います。

 

その後車内に取り残された(元)彼氏は、スタンションポール(電車の入り口付近に立つ人が掴まる棒)にしがみついてむせび泣き始めました。

 

その時、傍から見たらまるで私がその(元)彼氏と揉めている当事者みたいなポジションにいたので、慌てて移動をしようと思ったのですが、満員電車の中で私が退避する場所が無かったのです。

 

身動きが取れない中、私と目が合った、おそらく私の事を(彼を泣かせた)当事者だと思い込んでいたであろうおじさんには無言で首を横に振り「私この人(むせび泣く元カレ)と関係ないですからね!」アピールをしたのですが、おそらく伝わって無かった思います。

 

身動きが取れない私の横でその元彼氏はひたすらむせび泣いてました。

私も半泣きでした。

 

懐かしいなあ。

 

以上デース。

 

noteへGO↓