【下手のり子の上京物語】東京観光と新生活を始めるまで。 後編

東京暮らし時代の裏話

お疲れ様です! 下手のり子でございます!

先日はたくさんのリクエスト、本当にありがとうございました! お陰様でネタが大分出来ました!

が、今後もずっとお題を募集しておりますので、お気軽にどうぞ!

 

「のり子の下手スロ!」の本日の記事はコチラ↓
大量獲得したおじいちゃんがやめたラブ嬢の高設定を狙った!

 

「ちょっきな2」の記事はコチラ↓
【イラストエッセイ】出張先で久しぶりに出会った友人?

 

前回の記事はコチラ↓
【のり子の上京物語】東京に住もうと決めた前後の話と今後のお題募集。 前編

 

東京観光に出かけました。

さて上京してから一夜明け、友達は仕事があったので、まずは東京に慣れるためにさっそく東京観光へと出かけました。

 

最初はどこに行こうか? と迷うことなく向かった先はお台場。

とにかくレインボーブリッジと某テレビ局が見たかったのです。そして一人で某テレビ局を見学して、小さい自由の女神があるところの海辺で休憩をしている時に、ある思いが湧いてきました。

 


あれ、無計画すぎないか私?

 

そこから多分2時間は黄昏ていたと思います。

 

・このまま私は一体どうなっていくのだろう?

・地元にいた方が確実に再就職出来たのではないか?

・いつまでも友達の家に世話になる訳にはいかない、じゃあいつまでに一人暮らしをしなきゃいけないのか?

・ていうか仕事みつかるのか?

・え、てか何で私東京に来たの?

 

いっぺんに不安が押し寄せてきて、上京2日目、と言っても前日の夕方に東京に来たばかりなので、実質約20時間弱で都会の荒波に負けてしまったのです! 闘ってもいないのに。

まだ久が原とお台場にしか行ってないのに(笑)。

都会の荒波に揉まれて負けた私は、友達にメールをしました。

 


「明日地元に帰るわ」

 

速攻友達から電話がかかってきました。

友「エッ!? 前からずっと思っていたけどバカじゃないの!? 本気で言ってる!?」

ハイ、本気でした。

 

とりあえず、その夜は一度友達のアパートに帰って話をされました、というか説教されました。

寝たら次の日には都会の荒波は治っていました。

 

---スポンサーリンク---

寝たら元気になるタイプです。

寝て起きて都会の荒波病がしっかり治った私は、翌日、山手線一周を楽しみました。

 

それから約2週間の間、お台場、赤坂、汐留、六本木、中野サンプラザ、高田馬場や新宿、東京駅のレンガ風の入り口、大泉学園、武道館に東京ドームや後楽園。

 

八王子に高尾山、東村山、東久留米(当時、昔の漫画「めぞん一刻」を読破した直後)、三鷹、浅草、両国国技館に国会議事堂(もちろん外から見るだけ)。

そしてなぜか幕張メッセ(千葉県)まで。

 

テレビで見たことがある有名な場所を、思いつく限り全て回りました。アニメの聖地巡礼みたいなものですね。

もちろん場所を把握していない私は、効率悪い電車移動をしていました。

東京に詳しくない方には少しわかりにくいかもしれませんが、この移動距離は半端じゃないです。

 

そしてその時感動したのが、友達に教えて貰って作った「SUICA(スイカ)、PASMO(パスモ)」という「ICカード」。

地元ではほぼ車移動で、電車はおろかバスにもほとんど乗ったことがなかった私には衝撃的でした。

改札で「ピッ!」と通してドアみたいな奴が開く。「なんだこの未来都市は!」と思いました。

 

しかしその後半年くらい位して里帰りした時に、地元でもICカードが普通にある事を知りました(笑)。

 

そして一通り東京観光した感想

とにかく人が多い!

地元のジャスコ……いえ、イオン(田舎の休日はこれで決まり!)に集まる人の比じゃない!

どの場所に行っても人、人、人! さすが大都会東京! と思いました。

 

自転車の多さ!

テレビでよその国の自転車の多さは知ってましたが、東京でも負けない位自転車が多いのではないかと思いました。

 


下手のり子の愛車?愛馬?愛犬?ケル号。

 

それに関連して駐輪場と自転車屋さんの多さ、これも衝撃的でした。

地元では自転車も、イオンに小さくテナントがあっただけではなかったでしょうか?

自転車も駐輪にお金が必要だと知った時は、衝撃で別世界にいる気分でした。

 

私の地元は坂道が多くて有名な県です。

自転車の普及台数は少ないらしいし、実際に自転車が走っているのもほとんど見かけませんでした。

 

・一駅の感覚の短さと本数

私は地元でほとんど電車に乗った事がありません、ありませんが、まさかここまで短いとは。

※実際日本で1,2を争う短さの駅が地元にはありましたが、またいつか記事にします。

数駅なら歩いて行けるという短さにはビックリしました。

 

そして仕事で山手線は何回か利用したことがありましたが、約2分に1回来て車両が8両~編成。頻繁に来るのに駆け込み乗車が後を絶たず、そして毎回ほぼ満車。

 

当時友達と乗った時にこの事を話したら「こんなの満員電車の内に入らないよ」と言われ、「何を言ってんのこの人は!?」と思ってましたが、数年後私も上京してきた別の友達に同じ事を言いました(笑)。慣れるものですね。

 

・一方通行が多い。

結局東京に住んでいる間は車を持つことが無かったのですが、もともと車の運転が好きな上に、趣味が「ドライブ」だったので、上京した当時は本気で地元から車を持ち込むつもりでした。

 

友達から「ここ(東京)で車を持つのは大変だし要らないよ」と言われて、そんな馬鹿なと思いながら、色んな場所に行くついでに車道も下見? したのですが、とにかく道が狭い上に一方通行が多く、「絶対逆走するし、事故るだろうな」と思い断念しました。

 

それに友達が言った通り、電車やバス移動の方が便利でしたしね。

あと、駐車場代が高くて無理でした。車通勤できる職場も少なかったですしね。

 

・レトロな雰囲気の場所が多い

これは個人的にすごく感動したのですが、古き良き昭和を感じさせられる街が多かったです。

 

前回の記事にも書きましたが、本当に「3丁目の夕日」を連想させられる場所が多かったです(下手のり子個人の感想ですし、3丁目の夕日は観たことがありません)。

 

駅を降りると、精肉店や八百屋さん等の個人商店が立ち並んだ商店街が、短い間隔の駅ごとにほぼ存在しているし、スーパーも当然あるので、必要な物はその場所だけで事足りました。

そして何より、どの駅前の商店街も満遍なく活気があって、いつも楽しい気持ちでした。

 

逆に田舎では車移動がデフォですから、巨大駐車場があるイオンと大型スーパーがあれば十分事足りますので、こういう地域密着型の商店街はすたれていったのでしょうね。

私の実家の近くも「昔は商店街だったんだろうな」という所がありますが、どこも閉店していて寂しい場所となってます。

 

東京に来て初めて、地元の元商店街が「こんな感じだったんだろうな」とイメージ出来たのを覚えています。都会の方が昭和の良さ、活気を感じさせられるなんて思ってもみなかったです。

田舎と都会ネタもまた別の機会に書きますね!

 

・見渡す限り山がない

とにかく空が遠くまで見渡せるのに感動しました。

 

都内の高層ビル群ではもちろん見渡せないですが、少し外れると遠くまで空が見える事に感動しました。どこまでも平地でした。

見渡す限り山か海だった地元と比べ、東京は「空が汚い」という偏見を持っていたのですが、青空が綺麗だったのは覚えてます。

 

多摩川の河川敷で半日過ごした事もあります。良い所だ。

 

---スポンサーリンク---

やはり一番は食べ物、飲食店の文化(正直一番戸惑いました)

 

※地方によって食べ物の文化は大きく違いますし、議論したら間違いなく平行線でこじれます(笑)。今回は議論ナシでお願いします!

あくまで「上京した当時、広い世界を知らなかった私の感想」ですので、ご理解ください!

 

・ラーメン、うどん、そば

ラーメンを豚骨ラーメン以外の味噌や醤油を食べたのは東京が初めてでした(もちろん地元にも他スープのラーメン屋はありました)。

そして太麺が主流だったり同じ豚骨でも横浜豚骨など地域独自の豚骨があったり。あとは意外と豚骨より味噌や醤油の方が人気があること。

あと地元では「○○うどん」という看板がメインだったのに対し、「〇〇そば」がメインというのも衝撃でした。

豚骨ラーメンは、沼袋という駅前に「ごたる」という豚骨ラーメン屋があってずっと通っていたのですが、ついこのあいだ久々に東京へ出張した時に、ワクワクしながら食べに行ったら閉店してました。悲しい。

 

・コンビニの肉まん

コンビニで買った肉まんにカラシと酢醤油が付かないのに店員さんに尋ねたら「?」とされました。

私は未だに酢醤油とカラシ無しで肉まんを食べれません。つまりここ何年も肉まんを食べてません……。

 

・回転寿司、お寿司屋さん

一番ショックだったのが、回転すし屋さんで「刺身醤油(九州限定です)」がなかったこと。ショックで2皿だけ食べてお店を出たことがあります(とりあえず食べた)。

店員さんに尋ねても、「なにそれ?」と言われてしまいました。そりゃそうだ。

ちなみに刺身醤油を地元から取り寄せて東京の友達に食べさせたら不評だったのもショックでした。甘くて無理! だそうです(笑)。

味のイメージは、某〇ら寿司にある甘だれに若干近いかもです(若干ですよ!)。

 

あー牧のう〇んの肉うどんが食べたい……。

 

という訳で一通りの東京ツアーを終えて

約2週間フラフラした私は、東京暮らしにドキドキワクワクを感じながら就活を始めました。

とりあえずコンビニで手に入れた無料の就職情報誌の分厚さ(地元と比較して)もカルチャーショックでした。

 


よりどりみどりじゃないか!

 

そして地元で働いていた業種で探したのと、時代劇好きだった私は「八丁堀」で就職を決めて働き始めましたとさ!

終わり!

 

東京ネタは今後も不定期ですがやっていきますね!

 

東京に憧れて今後就職を考えている人に、私みたいな「お上りさん」が東京に住んだ体験が何らかの参考になれば嬉しいです!

では次回もお楽しみに!

 

他にも記事を公開中!

 

「のり子の下手スロ!」の本日の記事はコチラ↓
大量獲得したおじいちゃんがやめたラブ嬢の高設定を狙った!

 

「ちょっきな2」の記事はコチラ↓
【イラストエッセイ】出張先で久しぶりに出会った友人?