スポンサーリンク

のり子、観覧車やとんぼりリバークルーズを楽しんだパチスロの事など忘れていた大阪の夜。

旅の裏話

お疲れ様です ごめんやっしゃぁあああ! 大阪と東京、それぞれに家を持ちたい 下手のり子でございます。

 

※下手スロ大阪編は明日から再開しますのでご了承ください。

それで時系列の辻褄が合います。スミマセン……。

前回の記事はコチラ↓
のり子、パチスロの事をすっかり忘れて吉本新喜劇を生で見て食べまくった!

 

スロットの稼働をすっかり忘れて新喜劇を楽しんだ下手一行。

次に向かった先はちょっと迷ってグリコの看板!

そしてやはり食べとかないとですね! アレを……。

いやあ食べたかったです!

お好み焼き!

 

……とはいえ、お正月というのもあるのか、とにかく人が多くてまっすぐ歩くのも一苦労です!

 

交代とはいえ、長距離運転やスロット、新喜劇でほどよく疲れていた私達は、とりあえず戎橋(えびすばし)の下?にあるお好み焼き屋さん「福えびす」というお店に行きました。

 

ここで感動したのが、橋の下、川の脇に道があること!

説明が難しいのですが、川の横には川べりがありますよね。その川べりにお店が軒を連ねているんです!

 


こういう光景は初めて見ました!

 

他の地域では、こういう光景は見た事がありません。

最初に見た時、「えっ、川べりに店があるの!?」とカルチャーショックを受けました。

 

私たちが行った「福えびす」も、川べりにあるお店でした。

階段まですごい行列ですが、どのお店も行列が出来てましたからね、しっかり並んで待ちましたよ!

 

ドキドキの店内!

年末まで食事制限してきたのは、この日の為と言っても過言では無いのです!

 


豚モチチーズ!

 


各種串揚げ!

 


二度付け禁止!

 


牛すじ煮込み!

 

どれも美味しかったのですが、特に感動したのが、以前コメントで教えて頂いて一度だけ作った……、

 


どて焼き!

 


何じゃこりゃぁぁああああ!

 

牛すじが味噌とみりんで煮込んであり、七味をかけて頂くのですが、ハッキリ言って、以前私が作ったどて焼きとは味が全然違いました。

本場のどて焼きは、とんでもない美味しさでした。

 

少し甘めで、ちくわが入っていて、いくら食べても飽きません!

もうすごく感動しました。

その前にタコ焼き等も食べていたのでお腹が膨れてしまい、おかわりしたかったのですが断念しました。

 

---スポンサーリンク---

古い建物が多いのですが

この辺はかなり古いビルが多かった印象ですが、逆にこの街は古い建物じゃないといけないような気がしました。

何ていうか……すごく雰囲気が良い!

 

そしてご飯を食べてしばらく歩いていると、ドン・キホーテの看板に観覧車が付いてました。

 


街中に観覧車!

 

迷わず乗りました。

下から見上げても高い建物だったのですが、実際に乗ってみるとさらに高く感じました。

というか、予想以上に高いです!

 


人が米粒になってる!!

 


しかし凄く綺麗!!!

 

それにしても、街中に観覧車があるなんて驚きでした。

大阪は、ちょっと歩くだけで、驚くような光景がそこかしこに散らばっています。

 

どの光景も、他では見た事がありません。

同じ日本なのに、異世界に来た気分です!

 


とんぼりクルーズにも参戦!

 

せっかく夢だった大阪旅行に来たのですから、色んなアトラクションに挑戦しました。

道頓堀の船の上は凄く寒かったですが、おばちゃんのコテコテな大阪弁の軽快なトークを楽しみました。

そしてそれぞれの橋の上や川のほとりでは、たくさんの人が手を振ってもらいました。

 

最初は恥ずかしかったですが、次第に慣れてきて手を振り返しました。

ナニコレ楽しい。

 

川なのに船に乗る、というのは、思った以上に珍しい体験でした。

橋の下をくぐりながら、1つ1つの橋を見ていきます。

先ほどグリコの看板を見た「えびす橋」の下も、もちろんくぐります。

 


橋の上から手を振ってもらえました。

 

外国に旅行に行った日本人が、いきなり開放的な性格になる気持ちがわかります。私も普段ならしないのに、全力でブンブン手を振り返しました。

ナニコレ、ホント楽しい。

 

続きマース。