スポンサーリンク

のり子が10年前にソーシャルゲームにハマっていた時の思い出

趣味な裏話

お疲れ様です 下手のり子でございます。

 

前回の記事はコチラ↓
【胸糞注意】人生の中で一番ムカついてクレームを出したお店。

 

下手スロやちょっきな2は記事を一通り書いてからタイトルをつけてます。

・・・が、しかしのりコラムの場合はフリージャンル過ぎるので、テーマを決めてまずタイトルを決めて書き始めます。

 

のりコラムは他の2ブログと違って、一回テーマとタイトルが決まれば下手したら20分程で完成します。とにかく記事を書くよりお題を探すのが大変です。

 

とにかく日々テーマを考えながら、2ブログを書きあげ、プロレスを観て、ご飯食べて、お風呂に入って、アニメを観て、コメントを返信して、それでも浮かばないから寝て…という一日全く浮かばない日もあります。

これは昔の話ですよ?

もう10年も前になりますが、全国の人と同時にプレイが出来る、某ソーシャルゲームにハマっている時期がありました。

ソーシャルゲームとはスマホや携帯ゲームで行うネットゲームの事で、基本無料ですが、課金したら自分のキャラが強くなる…といったものでした。

モバゲーやらグリー等と聞けばお分かりいただけるかと。

もう何年もしていないのですが、今現在パズドラ?とかですか?…レベルで疎いです。

 

当時モバゲーをやっていて、その中で特に怪盗ロワイヤルというゲームにハマっていました。

てか今調べたんですが、怪盗ロワイヤルってまだやっていたんですね…。

 

なるべく課金しないで上位ランカーになる!というフワッとした謎の美学と目標を持っていたので一日のプレイ時間は数分しか無かったのですが、一日で唯一楽しみで楽しみで仕方なかった時期がありました。

 

その時にアバター(仮想空間の自分の姿)と言ってゲーム上で自分のキャラを作れるのですが、それを男性、女性共美化して作る訳ですよ。

 

当然当時、脳内お花畑だった私も現実の自分のレベルを遥かに凌駕する美少女キャラを作ったのです。

 

ちなみに皆様ご存知下手のり子の現在のアバターはコチラ↓

 


下手のり子 100歳 3サイズオール100 体重100kg。

 

・・・うん我ながら良く出来てる!

 

昔自分が気合い入れて作ったアバターより、友達と晩ご飯食べながらサラサラっと描いたこのキャラの方が知名度が上がるなんて考えもしなかったですよ!

 

---スポンサーリンク---

仮想空間でモテるのは楽勝

皆さんソーシャルゲームの世界にドップリなのでモテるモテる。

 

ネット上でナンパされまくるのですよ。

 

勿論出会う気は無かったのですが、モテまくったのでちょっとした優越感に浸っていたのです。

 

アバターのカッコよさ、可愛さ=現実でも美男美女と勘違いしちゃうんですよね。

 

滅茶苦茶可愛いアバターだったので、まるで自分が現実でモテている様な痛い状態になっていました。

タイムマシンでワープして未開栓のペットボトルで私の顔面を殴打したい位に。

 

ただ先程も書いたように、ネットで彼氏や旦那が欲しいと思った事は無く、相槌だけ打ってスルーしていたのですが、徐々に相手のアプローチが激しくなっていくのです。

 

当然相手が求める事は出会い。そしてそれがどんどんヤバイ方向になったので、一旦完全にやめました。

 

もし本当に現実で出会ってしまってストーカー化したら身の危険があるし、アバターと現実の私の顔のギャップで「だましたな!!!」と逆上されてもやはり身の危険がありますからね。

うーん理不尽。

 

---スポンサーリンク---

そして考えたのり子は

丁度携帯(当時はガラケー)の機種交換するタイミングで、そのゲームのキャラを(またするんかい!のツッコミは無しで)今度は男性キャラにしました。

アバターを、昔コントで加藤茶さんがやっていたようなズラを被った親父にして、服はグンゼの肌着とブリーフ一丁、アバターの名前を「なみへい」にしました。

 

そして前回の反省を元に女性プレイヤー(もちろんネカマもいるでしょうが)限定でフレンドを作ろうしたら全て断られ、しょうがないから妥協して男性キャラと…と思ったらやはりほとんどに断られました。

 

そしてやっとの事友達になれたと思ったら、やはり私と同じブリーフ1丁のキャラ。

・・・なんか冷めてソーシャルゲームを卒業しました。

次回お楽しみに!