のり子、マラソン大会に出場する。

のり子
WRITER
 

この記事を書いている人 - WRITER -
のり子

中学生のころ、マラソン大会に出場することになった。

強制ではなく、参加は自由だったので出なくても良かったのだが、友達に誘われてその気になってしまった。

マラソン大会に出るのは初めてで、緊張しつつも私は少し興奮していた。

マラソンコースは、まずは400mのトラックを2周走るところから始まる。

トラックを2周走った後はグラウンドから出て、一般道を走ってからまたグラウンドに戻るコースになっている。

全行程は3km。

超余裕です。

3km走ったことはないけど、それくらいヨユーヨユー。5kmでもいいくらいだよ。

私は自信満々でマラソンに臨んだ。

スタート地点では前の方に陣取り、そしてスタートの合図とともに、

全速力!

他を圧倒する勢いで、私は猛ダッシュした。当然、何十人といる中でトップに立った。

後ろに人を従えている気分で、私はひたすらに全速力で駆けた。

そのとき私は、

確かに風と一体になっていた。

私は一陣の風。

風に乗り、風とともに走り、風に愛される女。

まるで羽が生えたかのように体は軽く、このまま空も飛べそうな心地よさだった。

400mのトラックを、1周目は難なく走り抜け、そして2周目。

力尽きた。

脇腹イタイ。めっちゃイタイ。もう走れないくらいイタイ。

たった1周で全力を出し尽くしてしまった。ヤバイ。あと2km以上あるのに。

この状態であと2km以上は厳しいんだが。脇腹の痛みが治まらないし、足まで痛くなってきた。

ああ、どんどん抜かれていってる……。みんな、足速いなあ……。

あと、走ってて思い出したことがある。

私、運動できない人間だったわ……。

特に「走る」のが一番大嫌いで、普段まったく走らないんだよね。どんなに急いでても早足しかしないのに、3kmも走れるわけないじゃん。

どうしよう。

どうしよう。

どうしよう。

・・・・・・・・こうなったら。

仮病で棄権しよう。

私は2周目の途中で、突如として謎の病気に襲われ、激しい咳をし始めた。

咳が止まらない。これはいけない。走ってる場合じゃない。

急いで離脱して養生しなければ。

私はよろめきながら係員の元へと急いだ。

激しい咳をしながら群れから離脱してきた私に、係員が心配そうに近寄ってくる。

私は、ここぞとばかりに

不調を訴え棄権。

胃から何もせりあがっては来なかったが、吐きそうになる演技も忘れなかった。

あの数分間は、私は実力派の女優だったと思う。

不調は5分ほどで治まったので、そのまま帰った。

そしてこの苦い体験を心にしっかり刻んだ私は、それ以降、一度もマラソン大会には参加していない。

今でも走るのは大嫌いです。

この記事を書いている人 - WRITER -
のり子

Comment

  1. いちたろう より:

    なんとなくそうかなぁ~と思っていた通りの結末でホッとしました。
    さぞ視線が痛かったろうと想像します。

    • のり子 のり子 より:

      >いちたろうさん

      な、なんと!予想がついてましたか!
      他人の視線は完全無視の方向でいきましたw……が、棄権している人が他に数人いたので、仲間はわりと多かったです( *´艸`)

  2. クワトロ大尉 より:

    のり子…
    おバカ(笑)

  3. 秋人 より:

    主様その時々で危機回避能力の高さには常に驚きと笑いが……微笑ましいです!
    (*´∇`*)

    私の中学マラソン大会男子は4Km、最初に校庭を回ってから校外へも同じ、更に主様同様「私は風」とばかりに何人足りとも前を走らせてぬも同じ w
    1キロ、未だ先頭、2キロ、く、苦しいが先頭、結果、校内記録を1分以上短縮しテープを切れました(>_<)

    ここからが大変で部活、楽しめる倶楽部を選択→教師から強制的に野球部へ(田舎なんで陸上部無し)、中体連1500m出場、親が興味無し→通学用シューズで出場→県大会へ(1年では学校初)、駅伝1区を任されるがスタートで靴を踏まれ脱げ最後尾から(+_+)、踏んだ奴許さぬ!!
    との一心で追い付き土手から叩き落とした後逃げました ( ̄^ ̄)! →県大会へw

    駅伝の県大会進出決定(学校初)後、先生方が自宅迄来て親へ「どうか息子さんにマラソンシューズを買ってあげて下さい」とお願いされ初めて専用シューズを履く事と余りの軽さに驚きです……
    ↑↑4Kmで40秒早くなりました(*´∇`*)

    • のり子 のり子 より:

      >秋人さん

      学生のころはイヤなことからは逃げてばかりでした( ;∀;)
      こんなんじゃろくな大人にならないと自分でも思っていましたが、意外と大人やれてますw

      秋人さんは足が速かったんですね!
      校内記録を更新するだなんて、オリンピック選手になれたんじゃないですか!?
      私は運動音痴なので、運動神経がいい人は羨ましかったです(*´ω`*)

      それにしても、マラソンシューズと通学用シューズでそんなに記録が違うとは……。
      そこまで違いがあると思わなかったので、新鮮な驚きでした!

  4. なお より:

    そんなのり子さんが好きです(笑)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© のり子、ちょっときなさい , 2017 All Rights Reserved.