スポンサーリンク

【アンパンチ】のり子がテレビを見ない、そして買わない訳。

真面目な裏話

お疲れ様です 久しぶりにコラム書きます 下手のり子でございます。

 

前回の記事はコチラ↓
のり子本気のトークスキル!コミュ力が問われるお仕事ですね。後編

 

今さらですが、アンパンチ論争を見ました。

最初はネタで言っているのかと思いましたが、マジだったんですね。

テレビを持ってません

私はテレビを持ってません。それも一人暮らしを初めてから、一度も買ったことはありません。欲しいと思った事もありません。

あ、パソコンは前から持っていたので、YoutubeやDVD、ブルーレイは買ったり借りたりして観てます。

 

もちろん生まれてから今までテレビを全く観ていないわけでは無く、むしろ小さい頃はテレビっ子でしたし、特にお笑い等のバラエティが好きで良く観てました。

では何故テレビを買わないかと言うと、正にアンパンチ論争ですよね。

 

なんかある度に「教育に悪い」となってクレームが入り、年々テレビが面白くなっていたからです。

決して今の芸人さんや番組を作る人が面白くないとかセンスが無いとかでは無く、チョットした事でクレーム、クレームが起きたのでしょうから、表現の幅が狭まり上品なネタしか出せないのでしょうね。

 

最近バラエティと言えばクイズ番組みたいですが、そう言う事なのかなと思ってます。

 

---スポンサーリンク---

小さい頃はテレビが好きでした

アニメは殆ど観てませんでしたが、とにかくバラエティ番組が好きでした。

親がお笑いが大好きで影響を受けて、漫才やコント、吉本新喜劇などのバラエティ番組を一緒に良く観ていました。

特に週末にダウンタウンの昔の番組「ごっつええ感じ」「ガキの使いやあらへんで」等のDVDをレンタルして家族で観るのが楽しみでした。

今の時代だと間違いなく放送禁止なネタが多くて突き抜けてましたね。

 

特に大好きだったのが「放課後電磁波クラブ」←これ現在は放送禁止らしいですね、検索して観てください(笑)というコントで、今田耕司さんと東野幸治さんが正義の磁石の役で、世の中を正そうというコントだったのですが、色々酷くて大好きでした。

 

それとダウンタウンの番組で今では年末恒例になっている「絶対笑ってはいけないシリーズ」も好きでした。

でもそれも松本さんと浜田さんのどちらかしか参加しないシリーズまでしか見てませんが

 

苦情が多かったんだろうな……と言うのが感じられて、年々マイルドな笑いになっていき、罰ゲームのお尻叩きも「絶対痛くないだろ」というふにゃふにゃした素材の棒になってからは、完全に観なくなりました。

 


だって明らかに痛がってないですもん。

 

当初はムチで思い切りしばいたりとか吹き矢がおしりに刺さったりしていたので、笑わせる方も笑ってはいけない方も皆さん必死だったのが伝わって大笑いしながら観てました。

 

---スポンサーリンク---

大人になって影響されているか

アンパンチがあるから子供が暴力的になる……スゴイ発想だなと思いました。

 

私は大人になってから「放課後電磁波クラブ」の格好をした事は無いですし、友達と遊ぶ時に吹き矢やムチも使った事がありません。

 

もちろんアンパンチを繰り出した事もないし、水の呼吸を使ったり、秘孔をついた事もありません、牙突零式も使った事ないし、モビルスーツにも乗ってません。

 

世の中の一部の人が言う「不適切な番組」を子供のころから観てきましたが、皆さんそんなに悪影響を受けやすいのですかね?

 

街中歩いていてもアンパンチを打っている人を見た事は無いのですが。

もし自分の子供がアンパンマンを観て「アンパンチ」を使うようになったら、私は北斗の拳やドラゴンボールなどをどんどんレンタルしてきて子供に見せ、様々な能力を習得させて、最強の人間に仕立て上げると思います。

 

「うちの子は舞空術が使える北斗神拳伝承者なんざますよーオホホ」とママ友に自慢します。

以上デース!