のり子、コンビニの時短営業について語る。

真面目な裏話

お疲れ様です 世相を斬る! コラムニスト下手のり子でございます。

 

前回の記事はコチラ↓
のり子、初めてのオリジナル4コマ漫画「カメムシ子ちゃん」第1話

 

全米が鳴きましたね。ツクツクボーウシ!

コンビニの時短営業が増えていく。

私が物心ついた時には既にコンビニと言えば24時間営業でしたが、「セブンイレブン」の名前の通り、元々は朝7時から夜11時までとちょっと長い営業時間のスーパーみたいな感じだったみたいです。

 

私の地元にもありましたが、地方限定や個人でやっているコンビニは未だに朝7時から夜9時とかも探せばあるのかもですね。

 

最近色々揉めていよいよ大手のコンビニ「セブンイレブン」と「ローソン」「ファミリーマート」の大手3社も大規模に時短営業を行う事が決定したみたいですね。

 

私は全然良いと思いますよ?

 

---スポンサーリンク---

元コンビニ店員でした。

昔地元でちょっとだけコンビニバイトをした事がありますが、夜勤をした時に凄く暇だったのを覚えてます。

大手3社のコンビニでは無いですが、市街地からかなり離れた場所で、おまけに近くに民家も少ない場所にあったコンビニだったので、夜の1時から5時まで一人もお客様が来店されなかった事もしばしば。

3ヶ月くらいしかしませんでしたが、夜中の時間帯に10人来たことは無かったと思います。

 

その間に何をするかと言うと、徹底的に掃除や、お弁当+惣菜+食品類の廃棄、仕入れ処理から商品の陳列、そして朝に出す総菜の調理位で、ぶっちゃけ時間が凄く余っていました。

 

だからと言ってサボる訳にはいかないので、残り時間はひたすら掃除、陳列、掃除、陳列、掃除のフリ、陳列のフリ……等して過ごしていました。

 

もちろん都会や繁華街の近くにあるコンビニは、夜中でもお客さんが多いでしょうから、中々実現は難しいのかもしれません。オーナーさん的にも稼げるのにわざわざ時短しないでしょうからね。

 

しかし、私が働いていたコンビニの様に、夜中に全くお客様が来ないコンビニは開けている意味があるのかな?と思います。

 

勿論商品の仕入れはお客様がいない夜中の方が良いと思いますが、ぶっちゃけコンビニって朝も昼も夕方も普通に仕入れがありますからね。

 

人不足……?

時短営業をするキッカケの一つに「人員不足」があるみたいです。

 

昔、コンビニの夜勤と言えば「バンド目指してます!」「芸人目指してます!」……みたいな、夢を持っている若い人が沢山やっているイメージでしたが、今は殆どそんな店員さんを見ません。

 

ここ数年コンビニの夜勤は年齢層が高い方や、外国人のバイトさんが目立つようになったと思います。若い人がしたがらないからなのかな?と思います。

 

実際私も3ヵ月で辞めましたが、決してキツイからではなく……

 

土日に音が大きなバイクや車に乗る団体さんが、駐車場で待ち合わせをするのが怖くて辞めただけなんですけどね。

 


コワイわ……。

 

まあ、治安的にも時短営業は良いんじゃないですかね?

 

以上デース。