のり子、そして禁煙成功へ…(ただし全く役に立たない) 後編

真面目な裏話

お疲れ様です 下手のり子です!

 

前回の記事はコチラ↓
のり子、禁煙を始めた時の話(但し全く役には立たない) 前編

 

前回の続きです。

それから月日が経ち……

3つ目は、「禁煙〇日」というのを意識しないようにしていました。

 

「まだ〇日しか経ってない…」と思ったら折れてしまいそうだったからです。

 

割と平気になるまで1ヶ月はかかりました。そこからは「ここで吸ったら、せっかくここまで来たのにもったいない!」と必死に自分に言い聞かせました。

 

3ヶ月経ったくらいでしょうか?

スッカリ楽になった…事はなく、ちょっと嫌な事があったら「吸っちゃおうかな?」という衝動に襲われていました。これも本当に辛かったです。ムカついたらラムネをガッツリ食べてましたね。

 

……というわけで、禁煙成功して5年以上の月日が流れましたが……

 


未だに吸いたい欲求に襲われます。

 

特に飲み会などでは、ふとした時に「一本くらい良いんじゃないか?」と思っちゃいます。

あの時知人が言っていた言葉まんまでしたね。

 

「止めて吸いたくなくなった」ではなく「吸いたいけど我慢できるようになった」

 

という感想です。もちろん人それぞれだと思いますが。

 

---スポンサーリンク---

しかし一件落着とはいかず……

ちなみに禁煙が楽になった後は「ラムネ依存症」になりました。四六時中ラムネを口に入れてないと落ち着かなくなりました。

 

近くのコンビニで、ラムネを箱で取り寄せて貰うように注文してましたからね。

 

ラムネを食べて無い時、タバコと同じ様なイライラしたりの禁断症状が起きましたからね。

 

このままでは糖尿になってしまう!と思い、私が考えたのは、

 

「ラムネより体に害のないマシな別の食べ物(飲み物)に依存する」

 

……でした。

そこで大活躍したのが、ラムネより少しでも体に良くて、私が最近好きになったもの……

 


炭酸飲料(無味無糖)でした。

 

ウィルキンソンですね。特に辛いものや油っこい食べ物を食べる時にスッキリ飲めます。

この炭酸と出会ってガッツリハマり、ラムネを止める事が出来ました!

 

そして今現在も、炭酸水を好んで飲んでいます。

とにかく隙があれば炭酸水です。

 


完全に炭酸水依存症です……。

 

炭酸水(無味無糖)は基本害はないらしいのですが、胃腸が弱い方や、身体がやや酸化(静電気の原因)しやすいので、飲みすぎに注意らしいのですが、今のところ、止められる気がしません。

 

一度依存を「水」に戻そうとしたのですが、炭酸水の喉越しの良さには勝てませんでした。

チョット麦酒の味がするので、お酒をセーブしている今、凄く重宝しております。

 

禁煙のまとめ

・禁煙日数を稼ぐために、暇だと思ったら寝る。

もしくはスロットや他の趣味など、タバコの事を忘れて夢中になれる事をしたりして、暇な時間を作らない。

 

・依存には依存で対抗する。

少しずつ体に良いものに依存していけば禁煙も夢じゃない!?

 

・「禁煙〇日目」を意識しない。

一番危険なのは「まだやめて三日しか経ってない…」と思っちゃう事ですね、禁煙一週間目に「まだ全然日が立ってない」気づいた時は一瞬折れましたからね、逆に一ヶ月過ぎたら頑張ろうとは思いましたが。

 

いかがでしたでしょうか?

ぶっちゃけ依存症の種類もたくさんあると思いますが、一番は「依存には依存で対抗する」のが良いのかなと思いました。

 

アルコール依存症、ギャンブル依存症など色々ありますが、本当に家族に迷惑をかけている、または迷惑かけられていると思ったら迷わず病院へ行きましょう!

 

というわけで、全く役に立たない禁煙のやり方でした。

 

以上デース。