のり子、なんちゃっておせちに変更して作った一品「チキン65」!? 第二話

個人的な裏話

お疲れ様です 下手のり子でございます。

 

間違って3話から更新しているので、一番下から次の記事へ飛べますよ!

 

前回の記事はコチラ↓
のり子、少し早いけど自分でおせちを作って食べようとした。 第一話

 

おせち料理を作ろうとするも、おせち作りの大変さに気づき、ならばおせちっぽい見た目の料理を作ろうとするも、最初の金時豆の甘煮の時間のかかり方に疲れ果て。

 

でも、肉がたくさん入ったおせちなら作れそう……。肉パワーなら、この先も頑張れそう。

てか、もうおせちにこだわる必要なくね!?

それっぽくお重に詰めれば良くね!?

ということで、おせちもどき料理を作る事にしました。

五目ちらし作るよー。

おせちのご飯といえば、いなり寿司や太巻きですが、酢飯を油揚げに詰めたり海苔で巻いたりするのは面倒だなと思い、五目ちらしを作る事にしました。

 

材料は、しいたけ、レンコン、人参、たけのこ、油揚げ、ごぼうです。全部千切りっぽい感じに小さく切って、

 


だし汁の中に沈めます。

 

材料がひたひたになるくらいだし汁を入れ、酒、砂糖、醤油で汁気がなくなるまでグツグツ煮ます。

だし汁はたくさんあった方がいいよね、と浸るどころか沈むくらいだし汁を入れたために、汁気がなくなるまでに1時間くらいかかりました。

醤油多めの味濃いめで、やっと煮汁がなくなったので、

 


タッパーに入れました。

 

あとは酢飯に混ぜるだけです。

酢飯に混ぜる時は、紅ショウガを刻んで混ぜ込みます。ついでに錦糸卵を上に乗っければ、すごい豪華に見えます。

 

もう周知の事と思いますが、私は料理の盛り付けセンスがありません。

 

美味しそうな盛り付けがホント苦手で、自分でも「なんか違う……」と思いながら盛り付けてます。

しかしこの五目ちらしは、上に錦糸卵を乗っけるだけで、

 


あら不思議!超豪華!!

 

すごい美味しそうな感じに盛り付けられましたよ!錦糸卵を乗っけただけなのに!

さて、2品目が出来ました。順調です。

 

---スポンサーリンク---

日本ですらない

皆様、インド料理はお好きでしょうか?

私はインド料理が非常に好きで、よくyoutubeでインドの食事を映した動画を観ています。

さて、今回おせち料理を作るにあたり、唐揚げを作る事にしました。

その名も、

 


「チキン65」です!!

 

インドの唐揚げである「チキン65」。大ざっぱに言うと、スパイシーチキンです。

インドらしく、様々な香辛料に鶏肉を漬けて揚げます。

ちなみに「65」の意味は良く分かってないそうです。なんでだ。

 

本当は鶏もも肉を使うのですが、安いという理由で鶏むね肉にしました。

あと油で揚げるのはもったいないので、少ない油で揚げ焼きにするために鶏肉を薄切りにしました。エコです。

色々と香辛料を入れないといけませんが、家にあるものだけ入れました。香辛料の1つや2つなくても、味には大差ありません。

 

ニンニク、ショウガのすりおろし、レモン汁、こしょう、塩、クミンパウダー、パプリカパウダー、コリアンダーパウダー、卵に鶏むね肉を入れて、

 


混ぜて寝かせます。

 

おせちを作っているのに、ボウルから漂ってくる匂いは異国。

どんどんおせちから離れていってますが、細けぇことはいいんだよ!

 

出来上がり。

お肉が漬かってる感じがしたら(空気で感じてください)、小麦粉をまぶして揚げ焼きします。

なお、これで終わりではありません。

 

インドはこれで終わらせませんよ!

別のフライパンに油を敷いて、ニンニク、ショウガのみじん切り、クミンシード、唐辛子、くし形に切った玉ねぎに塩を振って炒め、唐揚げを投入して混ぜて出来上がりです!

 


どうですか、この美味しそうな見た目!

 

はっきり言います。めちゃくちゃ美味しかったです。

足りない香辛料は多かったですが、それでも美味しかったです。

このインドもお重に詰めます。

 

3品目も出来ました。

さあ、次回は一気に作り上げますよー!

 

記事のストックが……

続きますデース。

 

のり子、おせちを作ろうとしたらちょっと贅沢な弁当になった!? 最終話