のり子、徐々に増えてきている予防歯科について語る。

個人的な裏話

お疲れ様です なんやかんや病院ネタが多い 下手のり子でございます。

 

前回の記事はコチラ↓
頭を空っぽにして優しい気持ちで読んで欲しいのりコラム3本。

 

皆様は虫歯治療をされた事がありますか?

大半の人が一度は虫歯治療を経験されているかと思います。

 

私は歯磨きが大好きで、どこにいても一日最低3回は必ず磨くようにしてますが、それでも虫歯になりました。

最近、虫歯治療しました。

約10年以上ぶりに歯医者に通いましたが、皆様「予防歯科」というものをご存知でしょうか?

 

モチロン治療がメインですが、日頃から虫歯予防をする歯磨きをきちんと指導して、それを維持させる……というスタイルの歯医者さんです。

 

そして治療が終わったら、虫歯と歯磨きが出来ているかの検査を定期的に行わせる……といったスタイルの歯医者さんで、徐々にそういった歯医者さんが増えているらしいです。

 

以前CMで某歯磨き粉が「予防歯科医の何%が推奨うんたら」みたいなフレーズを聞いた事があったのですが、今回通って初めて予防歯科の意味が分かりました。

 

ある日突然、奥歯が激しく痛んで家の近くにある歯医者さんに行ったのですが、最初に誓約書みたいなのを書かされました。

 

ザックリ書くと、

 

私は言われた通りの歯磨きを完璧にするまで、治療を行わないことを了承します。

 

と、いった内容の紙でした。

 

もちろん実際ここまで厳しい内容ではありませんでしたが、その歯医者さんは、

 

常日頃から虫歯予防をする!あるいは今後指導された正しい歯磨きをする!……と誓って実行する人以外には治療をしません。

出来なければどうぞ他所に行ってください。

 

という強気なスタイルの歯医者さんでした。

 

---スポンサーリンク---

プロフェッショナルって番組面白いですよね。

突然、歯が痛くなって飛び込んだ家の近くの歯医者さん、受付を済ませると受付のお姉さんがタブレット端末を持ってきました。

 

「15分間この動画を観ていてくださいね」

 

N国で話題の「プロフェッショナル」と言う番組でした。

ご存じの通り、その道のプロが特集されるという番組ですね。

 

内容は「予防歯科」のパイオニア的存在の先生が、やはりしっかり歯磨きをしないと治療を一切しないという内容だったと思います。

 

もちろん今書いた事は私の想像です。

 

私は激痛で苦しんでいて、少しでも痛みを緩和させた為に来たのであって、プロフェッショナルを観に来たわけではありません。

 

酷い痛みで本来ほっぺたを抑えたい両手にタブレット端末を持たされて、プロフェッショナルを観ているのです。

 


一体何のプレイだろうと思ってましたよ。

 

当然激痛で内容は全く覚えてません。

 

意外にも先生は

意外にも先生は星一徹みたいな頑固おやじの先生ではなく、感じが良いマイホームパパみたいな先生でした。

 

優しい口調でしたが、多分「歯磨きテストに合格しないと治療は進めませんから」と言われたと思います。

 

実際通院する度に「歯磨きチェック」みたいなのをされて、毎回機械で歯の様子をチェックして虫歯になる可能性が10%以下になるまでひたすら歯磨き指導。

合格して初めて治療に入る……という工程でした。

 

元々私は歯磨きが好きだったので、歯間ブラシをきちんと使ったら一発合格で、スムーズに治療も終わりました。

最初は正直引っ張るだけ引っ張って儲けようとしてんじゃないの?と思ってましたが、それは無かったです。

 

ただ一度別の治療室から「忙しいから歯磨きに時間を掛けれないんだよ!」と逆ギレしていた患者さんに「ならよそに行ってください」と毅然とした態度でおっしゃっていたので、本当に予防歯科に対して真剣に取り組んでいるのだなと思いました。

 

とにもかくにも歯磨きは表も裏も一本当たり10回ずつこすって磨いて、歯間ブラシをしっかりしておけば、虫歯になる可能性は限りなく0%に近くなるそうです。

のり子のにわか知識でした。

 

以上デース。