スポンサーリンク

のり子、携帯ショップの待ち時間が辛い。

個人的な裏話

お疲れ様です 下手のり子でございます。

 

前回の記事はコチラ↓
のり子、座右の銘を語る。

 

こんな記事でもまた……(笑)。

携帯ショップに行くのが辛いです。

スマホってすごく便利ですよね。

でもガラケーの方が頑丈で長持ちしていたような気がします。

 

スマホの場合、2年もしたら充電がすぐ切れやすくなって、ストレスが凄いです。

本当は5年位使い倒したいのですが、やはり充電が長い方が良いので、やむを得ず機種変更してます。

 

そして、また携帯ショップに行くのが凄くストレスです。

今はほぼ完全予約制みたいなものですよね。

だからといって、予約時間にスムーズに事が運ぶわけではなく……

 

予約して行きました。

前のお客さんがごねてます。

予定の時間から1時間30分オーバー。

お待たせしました。

そこから購入して終わるまでまた1時間30分……。


疲れ切って1日が終了。

 

というのが本当に辛いです。

 

---スポンサーリンク---

年々増加していく

でもこれにはおそらく理由があって、

 

日々進化し続けるスマホの機能や料金体系が複雑になり過ぎて、クレームや質問の数が半端ない

 

のではないでしょうか?

 

もう何年も前の話ですが、私も携帯ショップの店員をしていました。

 

私自身はそこまでクレームを受けた覚えがないのですが(忘れているだけ?)、一緒に働いていた責任者が、毎日の様に営業時間が終わった後の店内で、夜遅くまでクレーム対応をされていました。

その責任者は日に日にやつれていき、そして辞めていかれました。

 

「機能が多すぎて使いこなせない」事から来るクレームが多かったと思います。

 

操作が難しすぎて「実は不良品じゃないの!?」と勘違いする方が多かったのかな?と思ってます。

 

年々新しい機能が増えていくと同時に増えていくクレームの数。

 

クレームを少しでも減らそうと思ってしっかり説明をしないといけないから、一人一人の対応時間が増えていくのでしょうね。

 

最近は携帯ショップ内で年配の方を中心に、スマホを使いこなすための無料講習会をやってますが、素晴らしい事だと思います。

ぶっちゃけ私も参加したいです。

 

恥ずかしいからやめて

もう4~5年前の話ですが、スマホの機種交換をした時に電話帳などのデータ移行を店員さんにお願いしたのですが(今現在は自分でデータ移行しないといけません)、その時にブログ用の例の写真がたくさん入ってました。

 

それを見た女性店員の方が、

 

「あー吉宗だー!知ってますよ!私も時々打つんですよー!」

 

「あー番長2もあるー!これも知ってますよー!」

 

と静かな店内で大きい声でしゃべった店員のお姉さん。

私は「や、やめてください……」と蚊の鳴く声で言うのが精一杯でした。

 

あの時私はとても恥ずかしかったのですが、

店員さんに保存しているスロットのプレミア写真を大声で弄られた!

……とクレームを出すのをなんだかなあと思って、泣き寝入りしました。

 

以上デース。