のり子、食べログは参考程度に留めようと決めた夏の終わり。 後編

個人的な裏話

お疲れ様です 下手のり子でございます。

前回の記事はコチラ↓
のり子が後輩のオススメでインドカレー屋へ行った時の話。 前編

 

涙の完結編です。

見えている地雷を目をつぶってわざわざ踏みに行ったのり子とその後輩。

 

果たして衝撃の結末とは!?

あ、食べ物の話ですが、お食事中に閲覧は控えてくださいね!

お手洗いに行きました。

インドカレー屋さんに入ったのは17時30分前。

私はお店の入り口のメニューで注文を決めていたので、注文しといてねと言うと、

 

 

「ええ!?ゆっくり店内でメニューを見ながら決めましょうよ!」

 

 

と言う後輩に「デートか(笑)。てか、ゆっくり決めて良いよ!決まったら注文しといて」と告げてお手洗いへ。

 

もちろん嫌な予感がプンプンしていたので、事前に会社でお手洗いに行くべきだったのですが、夜のピーク時間であろう18時や19時頃を避けたかったので、お店についてからお手洗いへ行こうと決めてました。

 

私の危機管理能力が高かったなら、職場で済ませていたはず、もっと言えばこのお店には来てなかったはず・・・・・・と、この後すぐ猛省する事になります。

 

このお店は開店11時から15時まで。2時間休憩をはさんで17時から22時までという営業形態でしたが、2時間の間はもちろん休憩もなさるでしょう。

 

それだけではなく、仕込みや掃除を行ったり、ハードな2時間ではある筈。

でもお店の外側は明らかに掃除されてませんでした。ですからお手洗いもおそらく・・・・・・。

 

私の期待通りでした。

 

まず便座が黒カビで至る所が黒くなっていて、床も謎の液体。

そして何より、便器には明らかにちゃいr・・・・・・

 


我慢する事にしました。

 

もうここまで重なるとブログに書いても信じてもらえないよな……と思いながら席に戻りました。

ここからまだありますよう(笑)。

 

---スポンサーリンク---

 

まだまだ続くよ☆

お手洗いから戻ると、なんと後輩が席を移動していました。

そして後輩の表情が心なしか凄く沈んでいました。てか実際沈んでました。

 

注文は済んでいたようで、店主がカレーを作り始めていましたが、ナンを叩きながら、「ゲホッゴホッ!」と咳をしていました

 

もちろんマスクなどせずに。

咳は1回どころの騒ぎではありませんでした。風邪引いたのかな?

 

それから店主が無言で持ってきたインドカレーとサイドメニュー達。

 

どんなに下手でもスパイシーなので味もある程度誤魔化せるだろうと高を括っていたチキンティッカとシシカバブ。

うーん・・・・・・なんというか今まで食べたインドカレー屋の中で一番マズかったです(ド直球)。

 

そしてバターチキンカレーは……ケチャップの味しかしない。

 

私が大好きなラッシー(ヨーグルトベースの飲み物。本当は美味しいよ!)、薄っすいカルピスでした。

 

そして何より、全ての食事に店主の咳こんだ唾液が入っているおまけつき。

 

---スポンサーリンク---

 

この地獄からの卒業

後輩はもう私に目を合わせる事が無かったです。

 

目が合えば「絶対のり子パイセンはキレてる」と顔を見ない様にしているの伝わりました。

後輩の思った通り、多分、いえ間違いなくキレていました。

 

そのまま後輩と一言も話す事無く、残せない性分なので完食。

 

お会計の時も「4222エン」と「○○円です」とも言われず、こちらも無言で5千円を渡すと、770円しかお釣りを渡されませんでした。

お釣りをもらった時点で8円足りないのは気づきましたが、喋りたくなかったので手切れ賃だと思って言いませんでした。

そして軽く睨みつけようとしたら、お釣りを渡す店主の手がやたらと震えていました。

 

怯えている様な、禁断症状の様な。

 

様子がおかしかったので、これ以上関わりたくないと思って睨むのを止めました。

 

「アリガトウゴザイマス」とも当然言われる事無くそのまま退店。

 

店を出た途端、後輩からお詫びの嵐。

 

別に後輩が悪いわけでは無いので、「マジで気にしないで良いから、店変えて口直ししよう?」と言ったら、本当に申し訳なさそうに私がお手洗いに行っている間に席を移動した理由を教えてくれました。

 

「実は、テーブルが汚いので拭いてたらテーブルの上で子供のゴキブリが死んでたんですよね。」

 

店主の雰囲気が怖かったので、店を出る選択肢を選べず、私に黙っていたらしいです。

 

別に後輩が悪いわけでは無いので、私の行きつけである美味しい大人の食堂で口直し。

凄く美味しい!と後輩も喜んでくれたので「次回はこの店で食べようね」と約束して終わりました。

 

ちなみに帰り際にそのインドカレー屋さんを通りがかったので覗いたら、夜の8時前に誰一人食べている人がいませんでした。

店主さんは椅子に座って天井を眺めてました。

 

後日、後輩から聞きましたが「パイセンが辛くしてもらえと言っていたので、頼んだら首を横に激しく振って拒絶されました」……お好みの辛さ調整はどこいった?

 

という訳で食べログはあくまでも参考程度にしておいた方が良いなと思いました。

 

このお店に☆5つ付けた人は後で説教部屋に来なさい。

 

以上デース。