【イラストエッセイ】好きと大事にするは、必ずしも一致しないのです。 with ある日のご飯

イラストエッセイ, 母のお話

 

サラダ、魚、お肉などに使うおおまかなお皿以外にも、お浸し用、薬味用、和え物用など、本当は料理の数だけお皿が欲しいそうです。

 

大きめの食器棚には入り切らず、食器棚の上、冷蔵庫の上、果ては押入れにまでお皿が隠れているのですが、そのほとんどがただの在庫になっています。

 

そしてそれらのお皿の扱いは等しく雑です。

本当にお皿が好きなのか……?

 

---スポンサーリンク---

ある日のご飯

寒い冬にうってつけ!

 

・力うどん

 

最近、お餅にものすごくハマっています。

今まで雑煮やちゃんこ鍋にお餅を入れていましたが、ついこの間「力うどん」の存在を思い出し、さっそく作ってみました!

 

部屋が寒いので、力うどんが美味しくてたまらない!

そんな力うどんのレシピをご紹介します。

 

【材料】

・お餅(角切り) 2個

・ごま油 大さじ1

・豚こま肉 50~100g

・白菜 1枚

・しいたけ 2個

・油揚げ 1/2枚

・かまぼこ お好きなだけ

・長ネギ 10センチ

・うどんの麺 1人分

 

【だし汁】

・水 500cc

・昆布とかつおぶし

・塩 小さじ1/2

・醤油 大さじ2~3

・酒 大さじ2

・みりん 大さじ2

 

【作り方】

①まずはうどんの出汁から作ります。水に昆布とかつおぶしを入れ火にかけます。沸騰する前に火を止めて、昆布とかつおぶしを取り出します。


②だし汁に調味料を入れます。醤油と塩に関しては、味を見ながら入れてください。


③次に材料の下ごしらえです。

しいたけ……笠に十字に切れ目を入れます。

白菜……1センチ幅に切ります。

かまぼこ……こちらも1センチ幅に切ります。

長ネギ……斜めに切ります。幅はお好みで。


④フライパンにごま油を大さじ1熱し、お餅を両面こんがりと焼きます。


⑤お餅を焼いている間に、だし汁に材料を入れていきます。しいたけを一番最初にお鍋に入れます。次に油揚げです(油抜きは必要ありません)。

しいたけと油揚げにだし汁を染み込ませたいので、お餅を片面ひっくり返すまではしいたけと油揚げだけ煮込んだほうがいいです。


⑥お餅が片面焼けてひっくり返したら、かまぼこと白菜、そして豚肉をお鍋に投入します。ここでアクが出るので、丁寧にすくいます。


⑦お餅が焼けたタイミングで、最後に長ネギとうどんの麺を入れて完成です! 器にうどんを持って、最後にお餅を乗っけて出来上がり!


豚こま肉はなくてもいいですが、あったほうがいい出汁が出て美味しいです。鶏モモ肉でもいいです。

 

私は濃い味が好きなので、だし汁も濃い目だと思います。味を見ながら調味料は足してください。

 

野菜たくさんでも美味しく食べられるのがいいですよね! 初めて作りましたが美味しかったです!

 

今日もいいご飯でした(*´▽`*)

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村

↑クリックしていただけると泣いて喜びます!↑