【イラストエッセイ】デリカシーがなくてすみません。 with ある日のご飯

イラストエッセイ, 20代

 

友達はとても気が強く、男勝りな人だったので気づかなかったのです。

実はものすごく繊細なところがあるなんて……。

 

私の発言が原因で、友達が一時、豚肉を受け付けなくなったことを知ってから、移送される動物を見ても感想を口に出さないよう、気を付けるようになりました。

 

母のデリカシーのなさで、一時、鶏肉が食べられなくなった私でしたが、まさか私もデリカシーのない大人に成長してしまうとは……。

やはり親子ですね。

---スポンサーリンク---

ある日のご飯

家に鶏肉しかなく、とりあえず焼くことにしました。

・鶏肉のハーブ焼き
・サラダ
・白ご飯

 

かなり適当に、鶏肉にハーブをまぶして焼いただけの一品です。

ただ家にクレイジーソルトしかなかったので、ハーブ成分はかなり弱め。

 

クレイジーソルトではお肉の臭みを完全に消してはくれないだろうと思い、カリッカリに焼くことにしました。

 

料理にもならないような料理ですが、一応レシピを載せておきます。

 

【材料】

・鶏むね肉 1枚

・塩(もしくはクレイジーソルト) 小さじ1/2

・こしょう

・あればハーブ類

 

【作り方】

①鶏むね肉を均一に開き、両面をフォークで穴を開けます。


②塩、こしょう、ハーブ類をもみ込みます。時間と材料があれば、オリーブオイルとレモン汁に浸せば、鶏肉の臭みはだいぶ消えます。


③魚焼きグリルで、油を落とすように両面カリッカリに焼いて出来上がりです。


私は鶏肉の臭みがすごく苦手なので、鶏肉料理は常に臭み消しとの戦いです。

 

ただ、家の近くのスーパーでは香辛料の品ぞろえがすごーく悪くて、今の悩みはハーブが手に入らないこと(グチです)。

 

ネットで買おうと思ったら高いし、家の近くでハーブが手に入らないかなあ。

 

ちなみに今回の鶏肉は、マヨネーズをつけて食べるとすごく美味しかったです!

 

今日もいいご飯でした(*´▽`*)

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村

↑クリックしていただけると泣いて喜びます!↑